みどころ

「週刊少年ジャンプ」2016年11号より連載が開始された、漫画家・吾峠呼世晴氏による『鬼滅の刃』。主人公・竈門炭治郎を中心に、人と鬼とが紡いだ切ない物語は鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、コミックス全23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破(電子版含む)。大ヒット漫画となった本作は2020年5月に惜しまれながらも完結いたしました。
 そして大好評を博した東京会場に続き、2022年夏、いよいよ大阪にて『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展を開催いたします。
 本展覧会では作者・吾峠呼世晴氏の想いの詰まった直筆原画を多数展示し、連載終了後も注目を集める本作の魅力、世界観を余すことなく伝えます。少年漫画の新たな象徴となった『鬼滅の刃』の原画展にご期待ください。

作品紹介

著者・吾峠呼世晴。「週刊少年ジャンプ」2016 年 11 号(2 月 15 日発売)より連載を開始し、2020 年 24 号(5 月 18 日発売)にて完結。コミックス全23巻の累計発行部数は1 億 5000 万部以上(電子版含む)。2019 年 4 月より TOKYO MX ほか全 20 局にてテレビアニメ化。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は 2020 年 10 月 16 日に公開され、全世界での興行収入が約538億円を突破。2021年10月よりテレビアニメ「無限列車編」「遊郭編」が放送された。新シリーズ「刀鍛冶の里編」のテレビアニメの制作も決定している。

 

作者プロフィール

2013 年、「週刊少年ジャンプ」の月例賞「第 70 回 JUMP トレジャー新人漫画賞」にて読切作『過狩り狩り』で佳作を受賞。以降『文殊史郎兄弟』、『肋骨さん』、『蠅庭のジグザグ』といった読切作品を発表した後、「週刊少年ジャンプ」2016 年11号より『鬼滅の刃』の連載を開始。同誌2020年24号で完結。

 

大阪会場みどころ

  • 東京会場と大阪会場では展示エリアの一部の構成内容が異なります。
    ※展示原画数が東京会場より一部少なくなります。大阪会場で新しく展示する原画はありません。
  • 写真は全て東京会場のものです。
  • 会場内は一部の撮影可能エリアを除き、撮影禁止です。

 

序章 煌(きらめき)~不滅への旅立ち~  写真撮影可能 

キャラクターの魅力が詰まった23冊の単行本表紙に囲まれた空間。その中央では「『鬼滅の刃』竈門炭治郎と禰󠄀豆子 第0巻フィギュア」が来場者をお出迎え。

 

壱ノ章 絆(きずな)~兄と妹、そして仲間たち~ 

鬼殺の道を歩みだした竈門兄妹と、共に成長した同期隊士たち。各キャラクターの背負っている運命や過去のエピソードなどを、名シーンとともに振り返ろう!

 

弐ノ章 鬼(おに)~人の果て、悲しみの果て~

古より、人間を喰らうことで人々から恐れられていた「鬼」。
その王たる鬼舞辻󠄀無惨の禍々しい血と細胞に支配された上弦の鬼たちの姿と、人であった頃の記憶を覗く。

 

特別章 -陰(かげ)- 無限城顕現  写真撮影可能 

鬼たちの根城「無限城」。この城内には天も地も存在しない。
異空間を操る鳴女(なきめ)の琵琶の音が鳴り響く。

 

参ノ章 柱(はしら)~絶対なるその呼吸~

鬼殺隊を支える、心技体を極めし9人の剣士「柱」。
その強さや、誇り高き姿を伝える原画と、鍛錬を重ね極めた剣技の数々が乱れ飛ぶ。

 

肆ノ章 繋(つなぐ)~全てを懸けて~

繰り広げる数多の戦いで、鬼によって失われた尊い命たち。灯篭のほのかな光の中で、それぞれの隊士が背負った過去や宿命、そして未来に託した希望に想いを巡らせる。

 

伍ノ章 刻(とき)~千年の夜明け~

無惨と鬼殺隊との最終決戦は熾烈を極める。息をつく暇もない戦いの中で、夜明けまでの焦れるような気持ちを、多数の原画と大判のグラフィックで伝える。

 

終章 継(つぐ)~幾星霜を越えて~

激闘の果ての風景。物語の結末を、満開の藤の花の下で見届ける。
最終エリアでは本展初公開となる吾峠呼世晴氏のイラストも必見。